大変お待たせいたしました。DVD販売のお知らせです。

 ハイこんにちわ(^w^)ノ。
 ええっと。
 このブログを読んでいる方は、私がYOUTUBEチャンネルを持っていることをご存知かと思います。
 この度、その中から
・2014年より2017年5月まで、出席したイベント
・説教者の許可を得て録画した説教の中から、著作権問題などをクリアしたもの
・さらに音声をよりクリアに
 DVD化いたしました。
 DVDには小冊子がついており、
 ①説教者プロフィール
 ②説教聖書箇所
 ③説教題
 ④参考聖書箇所
が書いてあります。
 価格は………………。
 一律で、送料・税込500円
 特に、ノンクリスチャンの皆さんっ!!!!
 ぜひ手に取っていただいて、ご覧になっていただければ幸いです。


 ではまず。
 見た感じはこんな感じ。
表紙


 裏はこんな感じ。
裏

 中はこんな感じになってます。
中

 それぞれ、細かく、少し書いていこうと思います。

◎福音成田教会 担任牧師 妹尾光樹先生のメッセージ 2014.12.19

・妹尾光樹先生のご紹介
福音成田教会 担任牧師 (2004年5月2日~現在)
日本フルゴスペル教団 教団広報(1988年7月~現在)
純福音東京教会 牧師(1989年~1995年)
師の教会のHP → http://fgcnarit2.wixsite.com/newhp

・説教聖書箇所:マタイによる福音書 1章21~23節
・説教題:「あなたのために生まれたイエス様」


◎福音成田教会 担任牧師 妹尾光樹先生のメッセージ 2015.12.15

・妹尾光樹先生のご紹介:同上につき省略
・説教聖書箇所:ルカによる福音書4章16~32節
・説教題:私のためにこられたイエス様


◎日本ナザレン教団千葉キリスト教会 森 稔先生のメッセージ
※ 師の教会はこちら→ http://nazarene.or.jp/chiba/

・説教聖書箇所;使徒の働き4章1~12節
・説教題:唯一の救い



高崎めぐみ教会牧師 藤原幸生先生のメッセージ

・説教者紹介
 1957年、京都府の田舎に農家の次男として生まれる。
 理科の教師を目指して東京農業大学に入学。
 大学で聖書に出会い、まことの神が創造主であることを知り、イエス・キリストを信じてクリスチャンに。
 1999年から牧師として召され、JTJ宣教神学校で学びながら群馬県高崎市にある恵みキリスト教会に赴任し今日に至ってる。
 また、聖書通読の1日1章にもとづいて、その日の聖書箇所から「朝マナ」のメール配信をしている。
 中学時代から吹奏楽に親しみ、大学ではトランペット、40代からオカリナの演奏を始める。
 土の器に息を吹き込むことで奏でられる音色に、神のみわざを感じている。
「神は土の塵で人を創造し、いのちの息を吹き入れられた。そこで人は生きた者となった」。
 師の教会のHPはこちら → http://fukuin.wixsite.com/megumi-cc

・説教聖書箇所:ルカによる福音書24章13~35節
・説教題;目がさえぎられていたので


 どうでしょう?
 これらのDVDは郵送料・消費税すべて込みで、一律一枚500円となっております。
 見てみたい――そう思うメッセージがありましたら、注文用紙に必要事項を記入していただき、郵便小為替を同封のうえ、発行人連絡先まで、郵送をお願いいたします。
 注文用紙はこちら → 
詳細
 郵送先はこちら → 
詳細
 メールはこちら → 
詳細

 よろしくどうぞ(^w^)ノ~~
スポンサーサイト

本日は雑感?

 ハイこんばんわ(^w^)ノ。
 ええっと。
 人間長いことやっていると。
 揶揄誹謗中傷妬み嫉み逆恨み 今日の友は明日は敵 それは世につれ世は歌につれ 今日も演歌は後ろ向き 年寄集まり皆で歌えば 降りて鎮座す白い蛇――――そうじゃないですか?
 そしてそういうことをしてくる人は、色々な方法で、こちらを様々な方法で消耗させます。
 いくつかパターンを挙げていきましょう。
・地域の有力者を頼って、そのコミュニティーからのけ者にする
・法テラスなどを頼って、ありえない方向から、法的に圧力をかけてくる
・公立広域――素直に警察庁言えば(―。―)――暴力団桜田組の三下あたりを使って、適当に圧力をかけてくる。
 まあ、ざっとこんな感じですか?

 いやはや・・・・・・。
 私なぞ、正論を述べるたびに、あるいは、間違ったことしてないのに、そういう目にあったことが多々ありますなあ~~~~。
 大学を辞めたのも、一部の学生たちがあまりにもひどいので、馬鹿馬鹿しくなったからですけどね?

 ではこの原因はどちらあるのでしょう?
 往々にして、受ける側には悪いところはありません。
 そーゆーことをする側に、か~な~り問題があります。
 それは何か?
 正しい見識、すなわち、理屈と道理ときちんとした日本語で考える能力の著しい欠如と、プライドです。
 そのプライドも、たとえるならば、段ボール箱の上に立っているプライドです。
 この意味では、もしかしたらプライドが傷つけられて、見識が歪み、妬みを起こす、と考えていいかもしれません。

 ではどうしましょう?
 こうしましょう(^w^)。
・若年層の場合:こんこんと説教、もしくは課題を与えて考え方を教授して強制
・中高年:距離を取る
・老害もとい高齢:どうしようもないです(‐。‐)。逃げましょう!!

 さてさて。
 ここでクリスチャン的な意見を一つ。
 神は、確かに愛に溢れてる御方であり、とても気前の良いお方です。
 しかし聖書にはこのような言葉があります。
「私は見た。
 小羊が第六の封印を解いたとき、大きな地震が起こった。
 そして、太陽は毛の荒布のように黒くなり、月の全面が血のようになった。
 そして天の星が地上に落ちた。
 それは、いちじくが、大風に揺られて、青い実を振り落とすようであった。
 天は、巻き物が巻かれるように消えてなくなり、すべての山や島がその場所から移された。
 地上の王、高官、千人隊長、金持ち、勇者、あらゆる奴隷と自由人が、ほら穴と山の岩間に隠れ、山や岩に向かってこう言った。
『私たちの上に倒れかかって、御座にある方の御顔と小羊の怒りとから、私たちをかくまってくれ。
 御怒りの大いなる日が来たのだ。だれがそれに耐えられよう。』」(黙示録6章12~17節)

 ほかにも・・・・・・。
 新旧約聖書全体を、聖句検索エンジンを使って、「さばき」というキーワードで検索すると、285節出てくるようです。
 つまり。
 確かに憐み深く、いつくしみ深く、気前の良い方ではありますが、その反面、厳粛なる御方であるということです。
 ですから、揶揄誹謗中傷などなどを受けたとき、神はそれらを、必ず御裁きになります。
 結果はすぐに出る場合もあれば、数年たってから出る場合もあります。
 クリスチャンならば、そういう時には、こう口に出して祈りましょう。
「主イエスの御名によって宣言する。この一件を神の御手にゆだね、裁きは神に任せる」

 参考になれば幸いです(^w^)ノ 

随想 ―――― ローマ書 16章17~20節より

 兄弟たち。私はあなたがたに願います。
 あなたがたの学んだ教えにそむいて、分裂とつまずきを引き起こす人たちを警戒してください。
 彼らから遠ざかりなさい。
 そういう人たちは、私たちの主キリストに仕えないで、自分の欲に仕えているのです。
 彼らは、なめらかなことば、へつらいのことばをもって純朴な人たちの心をだましているのです。
 あなたがたの従順はすべての人に知られているので、私はあなたがたのことを喜んでいます。
 しかし、私は、あなたがたが善にはさとく、悪にはうとくあってほしい、と望んでいます。
 平和の神は、すみやかに、あなたがたの足でサタンを踏み砕いてくださいます。
 どうか、私たちの主イエスの恵みが、あなたがたとともにありますように。

 ―――― ローマ書 16章17~20節


 ・・・・・・保守的とか原理主義者だとか終末論者とかLGBTQ(私的にはこれに近親相姦と小児性愛者も含めてやりたい)容認を認めないとか影日向大道小道ネットリアル問わず言われようともっ!!!!
 私はこの言葉に「アーメン」という。
 ・・・・・・何か?(‐。‐)

随想―――― ヘブル4章6~16節より

 こういうわけで、その安息に入る人々がまだ残っており、前に福音を説き聞かされた人々は、不従順のゆえに入れなかったのですから、神は再びある日を「きょう」と定めて、長い年月の後に、前に言われたと同じように、ダビデを通して、「きょう、もし御声を聞くならば、あなたがたの心をかたくなにしてはならない。」と語られたのです。
 もしヨシュアが彼らに安息を与えたのであったら、神はそのあとで別の日のことを話されることはなかったでしょう。
 したがって、安息日の休みは、神の民のためにまだ残っているのです。神の安息に入った者ならば、神がご自分のわざを終えて休まれたように、自分のわざを終えて休んだはずです。ですから、私たちは、この安息に入るよう力を尽くして努め、あの不従順の例にならって落後する者が、ひとりもいないようにしようではありませんか。

 神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。造られたもので、神の前で隠れおおせるものは何一つなく、神の目には、すべてが裸であり、さらけ出されています。私たちはこの神に対して弁明をするのです。

 さて、私たちのためには、もろもろの天を通られた偉大な大祭司である神の子イエスがおられるのですから、私たちの信仰の告白を堅く保とうではありませんか。
 私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。
 ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。

 ―――― ヘブル 4章6~16節


「とある国」が日本を狙い。
 天変地異が大規模化し。
 ふと気が付けば、「明日は我が身」。
 そんな混沌としたこの時代。
 この聖句は一筋の光に見えないだろうか?
 そんなことを思ったりする。

ブログ閉鎖の予告

 ハイ、おはようございます。
 まあ、人間やっていると、色々とあるわけでして。
 クリスチャンであっても、色々とあるわけでして。
 そんなわけで。
 今後の事態の展開にもよりますが、ブログ閉鎖を検討しています。
 それまでは、しばらくお休みとさせていただきます。
 よろしくお願いいたします。
プロフィール

Mr.CAT

Author:Mr.CAT
 家で猫のようにのんびりするのが好き!!
よって、Mr.CAT。
 クリスチャンです。
 聖書に親しむことと、祈ることは忘れません。
 仕事は個人投資家。
 このブログはリンクフリーです。
 よろしく(^w^)。

2014.12.30 追記
 YOUTUBEにチャンネル持ってます。
 アドレスはこちら → https://www.youtube.com/user/vitanouva20021215
 ツイッターもやってます。
 → https://twitter.com/asuka19711107
 よろしければフォローお願いしますm(_ _)m。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード