FC2ブログ

結婚についての、クリスチャンエッセイ

 ハイこんにちわ。
 まずはこちらの聖句をどうぞ。

 イエスは、そこを立って、ユダヤ地方とヨルダンの向こうに行かれた。すると、群衆がまたもみもとに集まって来たので、またいつものように彼らを教えられた。すると、パリサイ人たちがみもとにやって来て、夫が妻を離別することは許されるかどうかと質問した。イエスをためそうとしたのである。
 イエスは答えて言われた。
「モーセはあなたがたに、何と命じていますか。」
 彼らは言った。
「モーセは、離婚状を書いて妻を離別することを許しました。」
 イエスは言われた。
「モーセは、あなたがたの心がかたくななので、この命令をあなたがたに書いたのです。しかし、創造の初めから、神は、人を男と女に造られたのです。それゆえ、人はその父と母を離れ、{その妻に結びついて、}ふたりは一体となるのです。それで、もはやふたりではなく、ひとりなのです。
 こういうわけで、人は、神が結び合わせたものを引き離してはなりません。」
 家に戻った弟子たちが、この問題についてイエスに尋ねた。
 そこで、イエスは彼らに言われた。
「だれでも、妻を離別して別の女を妻にするなら、前の妻に対して姦淫を犯すのです。妻も、夫を離別して別の男にとつぐなら、姦淫を犯しているのです。」(マルコによる福音書10章1~12節)


 まず、ここから分かるのは、「クリスチャンは基本的に離婚はアウト!! 」ということです。
 ということは?
「たとえどんな状況になっても、私はあなたが居てくれればそれで十分!! 」、すなわち、「私の人生にとって、あなたが必要だ」という人が結婚相手ということになりませんか?
 これは…………意外と難しいですわ(^^;;。
 実際、私の場合、ドストライクの女の子の後輩が居たんですが、彼女がその人かどうか、徹夜祈祷してイエス様に伺ったことがあります。
 答えは……何も与えられませんでした。
 まあその人じゃないということでしょう。
 また私自身、どちらかというと惚れっぽい性格のようなので、色々な場所で意外とストライクな女性に会うと、必ず祈りを通して、伺いを立てるようにしてます。
 結果は……今のところ、まだなようです(^^;;。

(心の声:いい加減に結婚もあきらめてるけどなっ!! )

 ところで。
 昨今、教会がこの世に迎合する傾向がちらほら。
 酷い場合には、アメリカのように同姓婚を法的に容認する国も。
 しかし、私が思うに、クリスチャン同士の結婚とか恋愛とは、いわゆるこの世の「好いた惚れたはれたホラレタ(最後が違うっ!! )」というものとは、全く次元が異なる、ということです。

 何故これほどまでに、クリスチャンにおいて、結婚というものが重要視されるか?
 それは聖書が、アダムとエバの結婚に始まり、黙示録において「子羊と花嫁の婚礼の準備が整った」で終わる、「神と人間の結婚物語」であり「婚姻契約書」だからです。
 では地上における結婚は何を意味するのか?
 その雛形と私は解釈しています。
 ですから、なおのこと、慎重になるべきだと考えます。
 では実際に、私のようにストライクな女性に出会ったら?
 とにかく、祈ってください。
 もちろん、イエス様は明確に答えてくださいます。
 よく交わりを持つ姉妹が、条件が整っていても、祈りの答えが、「何で???? 」と思うこともあります。
 しかしそういう場合には、時間や何かしらのきっかけが、それを明らかにしてくれます。
 ええっと。
 独身の兄弟姉妹の皆さん。
 とにかくっ!!
 イエス様の配剤を期待して、祈りつつ、その時を楽しみに待ちましょう(^^;;。
(By 教会でドストライクな姉妹にあったけど、その数年後に「なるほど、これじゃあだめだこりゃorz」と分かった人。)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Mr.CAT

Author:Mr.CAT
 家で猫のようにのんびりするのが好き!!
よって、Mr.CAT。
 クリスチャンです。
 聖書に親しむことと、祈ることは忘れません。
 仕事は個人投資家。
 このブログはリンクフリーです。
 よろしく(^w^)。

2014.12.30 追記
 YOUTUBEにチャンネル持ってます。
 アドレスはこちら → https://www.youtube.com/user/vitanouva20021215
 ツイッターもやってます。
 → https://twitter.com/asuka19711107
 よろしければフォローお願いしますm(_ _)m。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード