障害を持っていること=悪、では断じてないっ!!

 ハイこんばんわ。
 まあこのようなニュースを見つけたわけですが。
「「職場の雑談苦手」「空気読めない」見過ごされ、成人後に気づく“障害”とは」 → 詳細
 それで思うことを少々。
 短絡的思考回路を持っている人≠障害者は、障害者=悪、と思うでしょう。
 しかし私はこう考えます。
 障害者≠悪、ではありません。

 考えて見ましょう。
 日本ではあまり無いようですが、アメリカあたりは、貧困で軍隊で学ぶしかなく、そして戦地に行き、負傷して、片手や片足をなくしてしまう人がいます。
 ではその人に、健常者と同じように、たとえば、「両手がある人と同じレベルの仕事をしろ」と言ったらどうでしょう?
 無理、ないし、難しいですよね?
 脳ならば、体のすべて、それのみならず、精神や思考さえ司っているわけですから、なおさらです。
 ではそれが悪なのか?
 それは違いますよね?
 だから私は「障害者≠悪」とは思わないのです。
 では、どう思っているのか?
 先ほどの例を用いて説明するなら、片手であっても、できることがあります。
 それをやれるだけやればいいのです。
 脳ならば、ことさらデリケートなお話になるでしょう。
 ですから、このような障害を持っている人は、その人ができる事を、やれるだけやって、社会の一員として、生活すれば良いと思います。
 たとえば。
 アスペルガー症候群の場合、「小さな博士」と言われるほど、特定の事物に、ものすごく興味を抱き、熱心に学ぶ傾向があるようです。
 そういう人は、意外と、職人とか、あるいは、研究者が向いているのではないでしょうか?
 そうやって、その人にあった世界で、その人ができる事を、やれるだけやって、生活していけば良いと、私は考えています。

 何かのときの参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Mr.CAT

Author:Mr.CAT
 家で猫のようにのんびりするのが好き!!
よって、Mr.CAT。
 クリスチャンです。
 聖書に親しむことと、祈ることは忘れません。
 仕事は個人投資家。
 このブログはリンクフリーです。
 よろしく(^w^)。

2014.12.30 追記
 YOUTUBEにチャンネル持ってます。
 アドレスはこちら → https://www.youtube.com/user/vitanouva20021215
 ツイッターもやってます。
 → https://twitter.com/asuka19711107
 よろしければフォローお願いしますm(_ _)m。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード