マイライフジーザズ千葉集会 2016.09.16

 ハイこんばんわ(^^)。
 先日ご案内した、「マイライフジーザズ千葉集会」に行って参りました。
 集会ではワーシップタイムの後、特別賛美と、メッセンジャーによる説教がありました。
 そこで今日の更新では、
◎特別賛美(動画)
◎説教聖書箇所(テキスト)
◎説教題
◎説教者
◎参考聖書箇所(テキスト)
◎補足事項(ハイパーリンク)
◎では説教動画をどうぞ。
◎各種イベントなどのご案内(画像)
 という流れで更新したいと思います。
 では参りましょう。

◎特別賛美(動画)




◎説教聖書箇所(テキスト)
イザヤ書60章1~3節
「起きよ、光を放て。あなたの光が臨み、主の栄光があなたの上にのぼったから。
 見よ、暗きは地をおおい、やみはもろもろの民をおおう。しかし、あなたの上には主が朝日のごとくのぼられ、主の栄光があなたの上にあらわれる。
 もろもろの国は、あなたの光に来、もろもろの王は、のぼるあなたの輝きに来る。」

◎説教題;起きよ、光を放て!!

◎説教者:工藤 正太先生
 (丸子キリスト聖書集会 牧師)


◎参考聖書箇所(テキスト)
・ああ、罪深い国びと、不義を負う民、悪をなす者のすえ、堕落せる子らよ。彼らは主を捨て、イスラエルの聖者をあなどり、これをうとんじ遠ざかった。
 あなたがたは、どうして重ね重ねそむいて、なおも打たれようとするのか。その頭はことごとく病み、その心は全く弱りはてている。
 足のうらから頭まで、完全なところがなく、傷と打ち傷と生傷ばかりだ。これを絞り出すものなく、包むものなく、油をもってやわらげるものもない。
 あなたがたの国は荒れすたれ、町々は火で焼かれ、田畑のものはあなたがたの前で外国人に食われ、滅ぼされたソドムのように荒れすたれた。(イザヤ書 1章4~7節)

・次のように書いてある。
「義人はいない、ひとりもいない。
 悟りのある人はいない、神を求める人はいない。
 すべての人は迷い出て、ことごとく無益なものになっている。
 善を行う者はいない、ひとりもいない。
 彼らののどは、開いた墓であり、彼らは、その舌で人を欺き、彼らのくちびるには、まむしの毒があり、彼らの口は、のろいと苦い言葉とで満ちている。
 彼らの足は、血を流すのに速く、彼らの道には、破壊と悲惨とがある。
 そして、彼らは平和の道を知らない。
 彼らの目の前には、神に対する恐れがない」。(ローマ人への手紙3章10~18節)

・すると、ひとりの人がイエスに近寄ってきて言った。
「先生、永遠の生命を得るためには、どんなよいことをしたらいいでしょうか」
 イエスは言われた。
「なぜよい事についてわたしに尋ねるのか。よいかたはただひとりだけである。もし命に入りたいと思うなら、いましめを守りなさい」
 彼は言った。
「どのいましめですか」
 イエスは言われた。
「『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証を立てるな。父と母とを敬え』。また『自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ』」
 この青年はイエスに言った。
「それはみな守ってきました。ほかに何が足りないのでしょう」
 イエスは彼に言われた。
「もしあなたが完全になりたいと思うなら、帰ってあなたの持ち物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に宝を持つようになろう。そして、わたしに従ってきなさい」
 この言葉を聞いて、青年は悲しみながら立ち去った。たくさんの資産を持っていたからである。(マタイによる福音書19章16~22節)

・わたしは自分のしていることが、わからない。なぜなら、わたしは自分の欲する事は行わず、かえって自分の憎む事をしているからである。
 もし、自分の欲しない事をしているとすれば、わたしは律法が良いものであることを承認していることになる。
 そこで、この事をしているのは、もはやわたしではなく、わたしの内に宿っている罪である。
 わたしの内に、すなわち、わたしの肉の内には、善なるものが宿っていないことを、わたしは知っている。なぜなら、善をしようとする意志は、自分にあるが、それをする力がないからである。
 すなわち、わたしの欲している善はしないで、欲していない悪は、これを行っている。
 もし、欲しないことをしているとすれば、それをしているのは、もはやわたしではなく、わたしの内に宿っている罪である。
 そこで、善をしようと欲しているわたしに、悪がはいり込んでいるという法則があるのを見る。
 すなわち、わたしは、内なる人としては神の律法を喜んでいるが、わたしの肢体には別の律法があって、わたしの心の法則に対して戦いをいどみ、そして、肢体に存在する罪の法則の中に、わたしをとりこにしているのを見る。
 わたしは、なんというみじめな人間なのだろう。だれが、この死のからだから、わたしを救ってくれるだろうか。
 わたしたちの主イエス・キリストによって、神は感謝すべきかな。このようにして、わたし自身は、心では神の律法に仕えているが、肉では罪の律法に仕えているのである。(ローマ人への手紙 7章15~25節)

・実際、彼らの思いは鈍くなっていた。今日に至るまで、彼らが古い契約を朗読する場合、その同じおおいが取り去られないままで残っている。それは、キリストにあってはじめて取り除かれるのである。
 今日に至るもなお、モーセの書が朗読されるたびに、おおいが彼らの心にかかっている。しかし主に向く時には、そのおおいは取り除かれる。主は霊である。そして、主の霊のあるところには、自由がある。わたしたちはみな、顔おおいなしに、主の栄光を鏡に映すように見つつ、栄光から栄光へと、主と同じ姿に変えられていく。これは霊なる主の働きによるのである。(第二コリント3章14~18節)

・・そしてすぐ、群衆はみな、イエスを見ると驚き、走り寄って来て、あいさつをした。
 イエスは彼らに、
「あなたがたは弟子たちと何を議論しているのですか」
と聞かれた。
 すると群衆のひとりが、イエスに答えて言った。
「先生。口をきけなくする霊につかれた私の息子を、先生のところに連れて来ました。その霊が息子にとりつくと、所かまわず彼を押し倒します。そして彼はあわを吹き、歯ぎしりして、からだをこわばらせます。それでお弟子たちに、霊を追い出すよう願ったのですが、できませんでした。」
 イエスは答えて言われた。
「ああ、不信仰な世だ。いつまであなたがたといっしょにいなければならないのでしょう。いつまであなたがたにがまんしていなければならないのでしょう。その子をわたしのところに連れて来なさい。」
 そこで、人々はイエスのところにその子を連れて来た。その子がイエスを見ると、霊はすぐに彼をひきつけさせたので、彼は地面に倒れ、あわを吹きながら、ころげ回った。
 イエスはその子の父親に尋ねられた。
「この子がこんなになってから、どのくらいになりますか。」
 父親は言った。
「幼い時からです。この霊は、彼を滅ぼそうとして、何度も火の中や水の中に投げ込みました。ただ、もし、おできになるものなら、私たちをあわれんで、お助けください。」
 するとイエスは言われた。
「できるものなら、と言うのか。信じる者には、どんなことでもできるのです。」
 するとすぐに、その子の父は叫んで言った。
「信じます。不信仰な私をお助けください。」
 イエスは、群衆が駆けつけるのをご覧になると、汚れた霊をしかって言われた。
「口をきけなくし、耳を聞こえなくする霊。わたしがおまえに命じる。この子から出て行け。二度とこの子に入るな。」
 するとその霊は、叫び声をあげ、その子を激しくひきつけさせて、出て行った。するとその子が死人のようになったので、多くの人々は、「この子は死んでしまった」と言った。しかし、イエスは、彼の手を取って起こされた。するとその子は立ち上がった。
 イエスが家に入られると、弟子たちがそっとイエスに尋ねた。
「どうしてでしょう。私たちには追い出せなかったのですが。」
 すると、イエスは言われた。
「この種のものは、祈り{と断食}によらなければ、何によっても追い出せるものではありません。」 (マルコの福音書9章15~29節)

・自分を義人だと自任し、他の人々を見下している者たちに対しては、イエスはこのようなたとえを話された。「ふたりの人が、祈るために宮に上った。ひとりはパリサイ人で、もうひとりは取税人であった。
 パリサイ人は、立って、心の中でこんな祈りをした。
『神よ。私はほかの人々のようにゆする者、不正な者、姦淫する者ではなく、ことにこの取税人のようではないことを、感謝します。私は週に二度断食し、自分の受けるものはみな、その十分の一をささげております。』
 ところが、取税人は遠く離れて立ち、目を天に向けようともせず、自分の胸をたたいて言った。
『神さま。こんな罪人の私をあわれんでください。』
 あなたがたに言うが、この人が、義と認められて家に帰りました。パリサイ人ではありません。なぜなら、だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるからです。」(ルカ 18:9~14)


◎補足事項(ハイパーリンク)

・モーセ五書とは? → 詳細

・パリサイ人とは? → 詳細


◎では説教動画をどうぞ。



◎各種イベントなどのご案内(画像)

マイライフジーザズ千葉集会次回のご案内 201609

マイライフジーザズ 2016年 年間予定表
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Mr.CAT

Author:Mr.CAT
 家で猫のようにのんびりするのが好き!!
よって、Mr.CAT。
 クリスチャンです。
 聖書に親しむことと、祈ることは忘れません。
 仕事は個人投資家。
 このブログはリンクフリーです。
 よろしく(^w^)。

2014.12.30 追記
 YOUTUBEにチャンネル持ってます。
 アドレスはこちら → https://www.youtube.com/user/vitanouva20021215
 ツイッターもやってます。
 → https://twitter.com/asuka19711107
 よろしければフォローお願いしますm(_ _)m。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード