士師記の6章1~24節について

 ハイおはようございます(^w^)ノ。
 今日の聖書箇所、すなわち、士師記の6章1~24節( 詳細① 詳細② )を読んで思ったこと。

①またかよイスラエル!! いい加減に学べよ!!!!(^^:: 
②それでも主は呼ばれると、ちゃんと聞いてくださり、イスラエルに遣わす器に 自ら出向く。
③ギデオンは、「なんで僕が行くの? 無理!! 」と駄々をこねました。
 それでも、「大丈夫、私がいるから」と励ましました。
 さらにしるしを求めると、それに応えてくれました。
 しるしを見たギデオンが畏れると、さらに励ましてくれています。

 ええっと。
 ここで「イスラエルの話は私には関係ない!! 」とか。
「よかったね、ギデオンさん。(-。-)」とか。
 そんな事を思った兄弟姉妹の皆さん。
 ハイ!!
 大間違いです(^w^)。
 なぜか?
 イスラエルは、目に見える形の「神の選民」です。
 では、目に見えない、いわば「神の霊的選民」は?
 そう、私たちクリスチャンです。
 つまり、式にすると、「イスラエル≒クリスチャン」なんです。
 そこから、旧約におけるイスラエルの歴史は、現代を生きるクリスチャンの象徴とも言えます。
 ですから、イスラエルに起こることは、やもすれば私たちにも起こりえる事と言えます。
 では前述の①から③、そして、聖書箇所を読み直してみましょう。
 そうすると、なんだかものすごく麗しい箇所に見えませんか?
 私はそんなことを思いました。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Mr.CAT

Author:Mr.CAT
 家で猫のようにのんびりするのが好き!!
よって、Mr.CAT。
 クリスチャンです。
 聖書に親しむことと、祈ることは忘れません。
 仕事は個人投資家。
 このブログはリンクフリーです。
 よろしく(^w^)。

2014.12.30 追記
 YOUTUBEにチャンネル持ってます。
 アドレスはこちら → https://www.youtube.com/user/vitanouva20021215
 ツイッターもやってます。
 → https://twitter.com/asuka19711107
 よろしければフォローお願いしますm(_ _)m。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード