ふと気になったマタイ25章31~46節

 人の子が、その栄光を帯びて、すべての御使いたちを伴って来るとき、人の子はその栄光の位に着きます。
 そして、すべての国々の民が、その御前に集められます。
 彼は、羊飼いが羊と山羊とを分けるように、彼らをより分け、羊を自分の右に、山羊を左に置きます。
 そうして、王は、その右にいる者たちに言います。
『さあ、わたしの父に祝福された人たち。
 世の初めから、あなたがたのために備えられた御国を継ぎなさい。
 あなたがたは、わたしが空腹であったとき、わたしに食べる物を与え、わたしが渇いていたとき、わたしに飲ませ、わたしが旅人であったとき、わたしに宿を貸し、わたしが裸のとき、わたしに着る物を与え、わたしが病気をしたとき、わたしを見舞い、わたしが牢にいたとき、わたしをたずねてくれたからです。』
 すると、その正しい人たちは、答えて言います。
『主よ。いつ、私たちは、あなたが空腹なのを見て、食べる物を差し上げ、渇いておられるのを見て、飲ませてあげましたか。
 いつ、あなたが旅をしておられるときに、泊まらせてあげ、裸なのを見て、着る物を差し上げましたか。
 また、いつ、私たちは、あなたのご病気やあなたが牢におられるのを見て、おたずねしましたか。』
 すると、王は彼らに答えて言います。
『まことに、あなたがたに告げます。
 あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです。』
 それから、王はまた、その左にいる者たちに言います。
『のろわれた者ども。
 わたしから離れて、悪魔とその使いたちのために用意された永遠の火に入れ。
 おまえたちは、わたしが空腹であったとき、食べる物をくれず、渇いていたときにも飲ませず、わたしが旅人であったときにも泊まらせず、裸であったときにも着る物をくれず、病気のときや牢にいたときにもたずねてくれなかった。』
 そのとき、彼らも答えて言います。
『主よ。いつ、私たちは、あなたが空腹であり、渇き、旅をし、裸であり、病気をし、牢におられるのを見て、お世話をしなかったのでしょうか。』
 すると、王は彼らに答えて言います。
『まことに、おまえたちに告げます。
おまえたちが、この最も小さい者たちのひとりにしなかったのは、わたしにしなかったのです。』
 こうして、この人たちは永遠の刑罰に入り、正しい人たちは永遠のいのちに入るのです。」(マタイ25章31~46節)


 ええっと。
 皆さんもお気づきかと思いますが。
 後ろ向きといってる人に限って、実は前向き。
 前向きといってる人に限って後ろ向き。
 がんばっているといってる人に限って何もしてない。
 成長しようという人に限って何もしてない。
 人って、言ってることとやってることが正反対ですよね(^^;;。
 有言実行・不言実行な人って、なかなかお目にかかれません。

 上記の聖句は、人間のそういう部分を、描いているのかなと。
 そんなことを思いました。

 ああっともちろん。
 もっとずっと深い意味があるとは思いますけどね(^^;;。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Mr.CAT

Author:Mr.CAT
 家で猫のようにのんびりするのが好き!!
よって、Mr.CAT。
 クリスチャンです。
 聖書に親しむことと、祈ることは忘れません。
 仕事は個人投資家。
 このブログはリンクフリーです。
 よろしく(^w^)。

2014.12.30 追記
 YOUTUBEにチャンネル持ってます。
 アドレスはこちら → https://www.youtube.com/user/vitanouva20021215
 ツイッターもやってます。
 → https://twitter.com/asuka19711107
 よろしければフォローお願いしますm(_ _)m。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード